八重山食文化推進協議会

八重山食文化推進協議会とは

1.八重山の食文化の現状と事業内容

平成22年度実施した「食文化活用・創造事業」により、沖縄食文化推進協議会の設立、沖縄県本島における沖縄の伝統食材による新しい創作料理の開発とマニュアルの作成、沖縄食文化発信店舗の選定、認定マーク・ロゴの制定、など一定の大きな成果を獲得することができた。本事業の1年目の認定店舗は38店舗を推奨したが、沖縄本島のみの活動となってしまったため、先島地方の宮古島、八重山、慶良間諸島などの飲食店舗への波及までは活動を浸透させることができなかった。 当初の目標である80~100店舗の推奨をめざすためには、離島地区、特に観光立島である八重山諸島への本事業の認知、知名度の浸透と拡大を欠かすことはできない。  また、八重山諸島には島独特の香辛料ヤオオタニワタリ、アダンの芽、さまざまなフルーツなどの食材があり、料理店などに積極的な使用が求められている。しかし、「八重山料理」とは、というカテゴライズされた限定的なものはない。  そこで、昨年度に引き続き、本事業においては八重山諸島の伝統食材の調査、成分分析、マーケット調査を行い、それによる新しい創作料理の開発とレシピマニュアル作成、料理人による料理講習会とイベント、八重山食文化発信店舗の推奨と基準マニュアルを作成し、認定店舗などを通して本事業の周知徹底を図り、新しい「八重山料理」の可能性とご当地料理の商標登録を申請する。

2.本事業の活動と目標

まず、八重山食文化推進行議会として、検討委員会を生産者、流通業者、販売業者、広告代理店、料理人、学識経験者など、産学官のメンバーで形成し、八重山諸島における伝統食材であるさまざまなフルーツ、香辛料、野菜などの農水産物の生産状況の調査、成分分析を行い、市場と流通現場のマーケット調査を行う。 地元と本島の料理人による料理開発を行い、八重山の食材を使った新しい創作料理のレシピマニュアルを作成、料理講習会やコンテスト、イベントでの告知、ホームページでの公開などを行い広く周知させる。 そして、「八重山料理」のカテゴリーと新しい創作料理の開発の周知徹底を図るために、八重山の食文化を発信する店の基準マニュアルを作成し、それに沿った店舗の選定を行う。 さらに、八重山の食文化に関しての情報をWEB・情報誌で発信、パンフレットなどで認知度を高めることに努めること。 また、著名料理人による八重山食材の可能性を探る料理講習会を開催、石垣市民会館で講演会を行い、認知度を高める。また、八重山創作料理の商標登録の申請を行い、 本事業の浸透を図ることを目標とする。

3.本事業の内容

八重山食文化推進協議会の検討会を5回開催することで、八重山の食材の生産過程や流通の問題点を生産者・料理人・行政や商工会・流通業者・観光ホテル業に認知してもらい、今後の八重山食材の可能性を探ること。

① 八重山食文化推進協議会の商標登録による商標権の保持
② 八重山伝統食材の普及による農水産業規模の拡大と安定
③ 八重山伝統食材の普及による農水産業自給率アップ
④ 新しい創作料理の浸透による八重山食材を使用した商品開発
⑤ 創作料理PR・イベント開催による八重山諸島の集客数拡大
⑥ 推奨店舗の認定による集客力アップと地域内雇用の発生と経済効果の発生

【まとめ】
生産者と料理人のコラボレーションによる、新しい八重山ご当地グルメ開発メニューの誕生や新八重山料理(ヤエヤマ・キュイジーヌ)のレシピ例を作成し、広く周知することにより、創造的な八重山の食文化を定着させていく。

八重山食文化推進協議検討会 ※2011年7月~2012年2月まで5回開催

回数 開催時期 場所 時間 検討会議題 備考
第1回 平成23年
7月29日(金)
石垣市民会館
会議室
14~16時 八重山食文化推進協議会の説明と全体の流れ 開催名:
八重山食文化推進協議検討会
第2回 平成23年
8月29日(月)
石垣市商工会館
研修室(ホール)
14~16時 事業スケジュールの確認および役割分担
第3回 平成23年
10月27日(木)
石垣市民会館
会議室
14~16時 食材選定の方法~ガイドラインの制作とマニュアル作成・ロゴマークについて
第4回 平成23年
12月5日(月)
石垣市商工会館
研修室(ホール)
14~16時 認定店舗の選定とアンケートの手法 及び 講演会の開催など
第5回 平成24年
2月6日(月)
石垣市商工会館
研修室(ホール)
14~16時 料理講習会準備など

<八重山食文化推進協議会 検討会選定委員>

■ 田村 秀光氏《JAおきなわ 八重山地区本部 八重山地区営農振興センター長》
■ 佐藤 陽介氏《南イタリア料理ソレマーレ オーナーシェフ》
■ 黒島 直茂氏《元石垣市農水部部長》
■ 近藤 武氏 《ニライカナイ シェフ》
■ 前津 栄信氏《石垣市文化財審議会委員長 石垣市文化協会会長他》
■ 嵩西 洋子氏《農業生産法人 株式会社石垣島胡椒園 代表取締役 石垣島ハーブスクール代表》

地域で生産された農林水産物を活用した創作料理の開発チーム

◎開発料理が決定いたしました

沖縄食文化推進協議会(八重山地区)のご当地グルメは 「中味汁」「コーズーシー」「八重山ちゃんぽん」に決まりました。

中味汁

中身汁

コーズーシー

コーズーシー

八重山ちゃんぽん

八重山ちゃんぽん

認定条件は決まり次第発表致します。お楽しみに。

八重山食文化推進協議会のロゴマーク

八重山食文化推進協議会ロゴマーク 八重山食文化推進協議会のロゴマークは、伝統食材であるピパーチの葉と実をモチーフに展開。八重山の頭文字「Y」と食(FOOD)の「F」をシンボリックに表現しました。ブランドカラーは、大地の恵みを感じさせるグリーンで統一。八重山らしいロゴマークになりました。

新メニュー開発料理講習会及び八重山食文化シンポジウム開催

2012年2月5日(日)、石垣市健康福祉センターにて伝統野菜を活用した新メニュー料理講習会、 及び「八重山ぬちゆくいプロジェクト」の活動における講演会を開催いたします。 また、この日八重山ぬちゆくい認定店舗の表彰式が行われます。 入場無料となっておりますので、是非皆様お誘い合わせの上、ご参加いただきますよう、よろしくお願いします。

※新メニュー料理講習会につきましては、定員に達した為、受付を締め切らせて頂きました。 たくさんのお申込み誠にありがとうございました。現在、八重山食文化シンポジウムのみ、お申込みを承ります。

▼詳細チラシダウンロード

▼申込み書ダウンロード

■申込み方法

【FAX/郵送でのお申し込み方法】

上記の画像をクリックして申込み書PDFファイルをダウンロード・印刷し、必要事項をご記入の上、FAXもしくは郵送にてお送り下さい。

FAX: 098-836-5818

住所: 〒900-0023 沖縄県那覇市楚辺1-14-39-2F
沖縄(八重山)食文化推進協議会 事務局

【メールでのお申し込み方法】

・参加希望の項目
(新メニュー料理講習会 or 八重山食文化シンポジウム※両方参加も可

・お名前/性別/生年月日/住所/電話番号/FAX/メールアドレス/携帯番号/ご職業

を明記の上、jimu@shokunokaze.com へ送信してください。

「八重山の食文化の新しい風」当日のスケジュール

【日時】2012年2月5日(日)

【場所】石垣市健康福祉センター(〒907-0004 沖縄県石垣市字登野城1357-1)

11:30~13:00 新メニュー料理講習会
場所調理実習室及び第1&2和室研修室
内容新メニュー料理講習会・試食・アンケート調査
講師嵩西 洋子氏《農業生産法人 株式会社石垣島胡椒園 代表取締役 石垣島ハーブスクール代表》
13:00~14:30 辺銀 暁峰氏《有限会社ペンギン食堂 代表取締役》講演
場所視聴覚室
15:00~16:30 シンポジウム
場所視聴覚室
【コーディネーター】田﨑 聡氏《6次産業化プランナー/NPO法人 食の風 代表理事 沖縄・奄美スローフード協会会長》
【パネリスト】
(順不同)
前津 栄信氏《八重山食文化推進協議会会長 石垣市文化財審議会委員長 石垣市文化協会会長他》

黒島 直茂氏 《元石垣市農水部部長》

近藤 武氏 《ニライカナイ シェフ》

佐藤 陽介氏 《南イタリア料理ソレマーレ オーナーシェフ》

嵩西 洋子氏 《農業生産法人 株式会社石垣島胡椒園 代表取締役 石垣島ハーブスクール代表》

田村 秀光氏 《JAおきなわ 八重山地区本部 八重山地区営農振興センター長》

16:45~ 八重山ぬちゆくい認定店舗の表彰式
場所視聴覚室

最新活動情報

  ■現在の活動状況は、下記バナーリンクよりご覧ください。

ぬちゆくいプロジェクトin八重山